肌がきれいな女性

肌が乾燥して困っている、しつこい肌荒れに悩んでいる、そんな時に頼りになるのがヒルドイドです。肌荒れが生じてしまう原因の多くは、皮膚の水分不足にあるといいます。コラーゲンやヒアルロン酸といった肌が本来持っている保湿成分が少なくなることで、水分保持力が失われてしまい、様々な肌トラブルが引き起こされてしまうのです。乾燥肌タイプの方や肌荒れを起こしやすい方は、保湿性の高いヒルドイドという薬で、改善を目指しましょう。

ヒルドイドの成分や効果をチェック

ヒルドイドに含まれている有効成分として、ヘパリン類似物質が挙げられます。ヘパリン類似物質は肌に保湿作用を与え、血行を良くしてくれる成分です。この成分の特徴は、表皮の奥深くまで浸透し、高い保湿効果を発揮する点にあるでしょう。

一般的なスキンケア製品等に含まれている代表的な保湿成分として、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド等が挙げられます。セラミドはあまり浸透性が高くありませんが、表皮にとどまりお肌のバリア機能を高めてくれる成分です。コラーゲンは角質層にうるおいを与え、皮膚の弾力性をサポートしてくれます。ヒアルロン酸はセラミド及びコラーゲンよりも、深く浸透できる成分です。角質層に浸透し、持続的に保湿効果を与えるという特徴を持っています。

これらの保湿成分よりもさらに奥深い部分まで浸透することができる、それがヘパリン類似物質という成分です。角質層と真皮の間にある基底細胞まで達することができるため、一般的な保湿成分よりも、より高い効果が期待できます。

さらにヘパリン類似物質には、血行促進作用も備わっています。血液の凝固を防ぎ、血の流れを良くすることで、皮膚の新陳代謝を促す作用も発揮してくれるのです。肌荒れによってトラブルがちになっているお肌は、表面だけでなく奥深くまでダメージを受けている可能性があります。このため表面的な保湿ケアを行なっても、すぐに乾燥がぶり返してしまったり、トラブルが再発してしまうことも少なくないのです。奥深くまで浸透し、保湿作用と新陳代謝促進作用を与えてくれるヘパリン類似物質は、肌荒れ改善に最適な成分だといえるでしょう。

乾燥によってダメージを受けた皮膚は、外界からの刺激に対しても弱くなり、炎症トラブルを起こしやすくなっています。薄くなった皮膚が赤くなってしまったり、乾燥によってかゆみが生じたことがある、という方は多いでしょう。ヘパリン類似物質には炎症を抑え、荒れたお肌をしずめる作用も備わっています。皮膚を保湿しつつ新陳代謝を促進し、さらに炎症を抑えてくれるという、3つの働きを持っているのです。

優れた有効成分、ヘパリン類似物質を配合しているヒルドイドは、皮脂欠乏症や乾燥肌の治療に保湿薬として用いられています。その他にもケロイドやニキビ跡の改善に用いられるなど、ありとあらゆる肌トラブルに適用されている薬です。作用が穏やかなため、副作用が生じるリスクもほとんどないとされています。

赤ちゃんのお肌にも使用できるほど安全性が高い薬ですが、血液の凝固を防ぐ作用があるため、出血性の血液の病気がある方には適していません。また確率は非常に低いですが、ごくまれに皮膚に赤み・かゆみなどが生じる場合もあります。はじめて使用する際には、刺激感が生じないか、肌の状態をチェックしながら塗布を行なったほうが良いでしょう。

ヒルドイドにはクリームタイプや軟膏、ローションなど様々な種類が存在しています。それぞれ異なる特徴を持っているため、肌質や肌荒れ症状等に合わせて選ぶことができます。

クリームタイプは柔らかく、肌に伸ばしやすいのが魅力です。浸透性も高いため、乾燥の症状が強く出ている場合などに、適しているといえます。軟膏タイプはクリームタイプよりも、皮膚を保護する作用に優れているのが特徴です。ただしベタつきを感じやすいため、肌が刺激に対して敏感な方には、向かないかもしれません。ローションタイプはさらりとした使い心地が特徴となっており、即効性が高いのが魅力です。その他のものより保湿作用が持続しにくいため、軽い乾燥トラブルのケアに適しているでしょう。

化粧品やスキンケア用品でケアをしても肌トラブルがおさまらない、そんな場合には薬を使って治療をする必要があるのかもしれません。安全性が高いヒルドイドなら、乾燥やしもやけ、ニキビ痕など様々な肌トラブルを優しくケアすることができます。